サラセン塔 (プーリア州 - イタリア)

サラセン塔

【2013年4月】イタリア南部のプーリア州の海岸を旅行すると、点々と崩れかけた塔があるのに気付きます。

これは「サラセン塔」と呼ばれるもので、海から襲ってくるサラセン勢を見張るためのものなのだそうです。

調べたら、殆どが15-16世紀に建てられたとあるので、このサラセンとはオスマン・トルコを指すのでしょうね。

塔の一つ一つは、お互いが見える距離に建てられたんだそうです。

そんな歴史的建造物がほうって置かれて風化している風景は、背景の自然とマッチして、味わい深かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事