お気どりレストラン

お気どりレストラン

【2016年7月】リガのレストランとして日本語サイトで推薦されていた「3 Pavaru Restorans」に行ってみました。なんとまあ、気取ったところで、従業員がつんつんしています。どうも、それがかっこいいと思っている様子でした。席につくとまず、白い紙が敷かれ、シェフと思われる人がその上に、一つ一つうん蓄を述べながら、5種類ほどのソースを直に塗り始めました。

riga2016-140その日の朝に焼いたというパンにそのソースを付けて手で食べます。確かにあっと驚くパフォーマンスでした。

メインに私はポークベリー。粟かなと思われる穀物をはじめ、いろいろな食材が使われていて、確かに手の込んだお料理でした。riga2016-142夫のチキンも美味しかったようです。梨のデザートも食べました。残念なことに、これだけ気取っている割には基本を知らず、デザートの前にコーヒーが運ばれました。しかも、とてもまずいコーヒーで、私は飲めませんでした。

中央市場の庶民の様子を見た後だったので、正直なところ、ちょっと空虚なものを感じました。このつんつんウェートレスも、家に帰ったら、中央市場にいたようなマトリョーシカのようなママが待っているのかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です