チェルノッビオのレストラン

チェルノッビオのレストラン

【2013年1月】コモ湖で船に乗った日、チェルノッビオという町で下りてみました。

ここは年に一度、アンブロセッティ・フォーラムという経済フォーラムが開かれる町です。

船を下りたときに人々が話題にしていたレストラン、Trattoria del Vapore に入ってみました。

時間が早めだったので席が取れましたが、その後、ぞくぞくと人が入って満席に。

地元の常連客が多いようで、店の人と親しげに話しています。

年始はしばらく閉店していたらしく、「水曜日に開けたばかりなんですよ」と言っていました。

調べてみたら、歴史の長いレストランで、1600年に旅籠として創設、1894年にはレストランとして営業していたという文書があるそうです。

友達はウサギ料理、私は鹿料理を食べました。

付け合せのポレンタも含めて、とても美味しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です