ウビサ村の修道院と川魚

ウビサ村の修道院と川魚

【2018年7月】ジョージアクタイシを出発し、首都のトビリシに向かう途中、ウビサ村にある修道院を見学しました。

9世紀にできた修道院で、現在も5人ほどの修道士が暮らしているところだそうです。

鐘楼は、建設王として知られる11~12世紀の王様、ダヴィド4世の息子のドミートリーが建てたとか。

今回の旅では、ロシア勢に白塗りにされた教会というのをいくつか見ましたが、こういった田舎の教会は難を免れたようで、ここも中はフレスコ画でいっぱい

このフレスコ画は12世紀のもので、名前は忘れましたが、当時の有名な画家によるものだそうです。

この人の作品は、今ではトルコ領になっている教会に多く、ジョージア国内で見られるのはここだけ、という話でした。

教会内では、長い髭をたくわえた修道士がずっと呪文を唱えていて、雰囲気は最高でした。

この日のランチは、この近くの川魚専門店で。

今回の旅行では肉食ばかりで、魚はこの時の一回だけです。

レストランは「おとぎ話」という意味の名前で、川沿いのテラスで食事が出来るつくり。

なかなか良い雰囲気で、現地のツーリストが立ち寄るところといった風情です。

ずっと付き合ってくれた運転手とガイドに感謝の気持ちで、「一度、食事をご馳走したい」と申し出たら、ここに連れて来てくれたのでした。

魚の名前は分かりませんでしたが、15センチぐらいの魚が上手に揚げたのが出てきました。

シンプルでしたが美味しかったです。

ワインはここで作っているという白ワインをコップで飲みました。

そして驚いたのは値段の安さ。

四人でたった40ラリ1700円そこそこ)だったのです。

地元の人が行くところは、こういった値段の水準が普通なのでしょうか・・・。

食後はひたすら、トビリシへ向かいました。

途中、道端にテラコッタ風の陶器を売る出店が多い地域を通った後、道端の出店が、甘いパン屋、まな板屋、ハンモック屋と移り変わっていきました。

そして2キロ近いトンネルを通ったのですが、これが東西ジョージアの境目なのだそうです。

トンネルを抜けると、とたんに乾いた風景となり、出店が全くなくなりました。

このトンネルの上の山地が湿った空気を遮るのだそうです。

ようやくたどり着いた六日ぶりのトビリシは、出た時と同様の猛暑。

車の中の温度計によると、外の気温は40度とのことでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です