オペラ騒音の主、逮捕されるーースロバキアで

【2018年8月】スロバキア南部の町、ストゥロヴォで、ヴェルディのオペラ「椿姫」を朝から晩まで16年間に渡り大音響で鳴らし続けた女性が逮捕された。この女性は嫌がらせと悪意のある迫害の罪に問われ、有罪判決が出た場合、6ヶ月から3年、拘置されることとなる。

女性の名は、エヴァ・Nとのみ公表。16年前のある日、近所の犬の鳴き声に閉口し、これをかき消すためにオペラのアリアを鳴らした。以後、毎日、4分に及ぶアリアを繰り返しかけ続けたという。現地報道によると、近所に住む人は「私もプラシド・ドミンゴは好きよ。でもこれは耐えられない」「通り中が迷惑してます」などと話している。

音楽を大音響で繰り返し流して逮捕された例はほかにもある。昨年三月には、英国中部のウォルソールで、同国のシンガーソングライター、エド・シーランの「シェイプ・オブ・ユー」を鳴らし続けた女性が刑務所送りとなっている。

原文はこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です