カルタヘナへ

カルタヘナへ

【2017年1月】コロンビアメデジンで2017年を迎えました。

良い天気です。

ガイドのマリアに送ってもらって、空港へ。

途中、見晴らしの良いところで、彼女が自分の携帯で私達の写真を撮りました

「私の思い出のために」ですって。

感じいいなと思いました。

本人も旅行好きで、いつかタイに行ってみたいと話していました。

空港でハグしてお別れです。

またまた短い国内便に乗って着いたのは、カリブ海に面したコロンビア北部の町カルタヘナです。

海に面していますから標高が低く、真夏の気候です。

そして黒人がぐんと増えました。

ここで三泊したホテルは、旧市街の中にある Bovedas de Santa Clara というところで、なかなかおしゃれ。

広々とした白い部屋には、小さいキッチンも付いていました。

ただ、あるとき、外出から部屋に戻った時に、部屋の掃除がされておらず、文句を言っても、なーかなか人が来ませんでした。

コロンビアに到着した最初に地元の旅行エージェンシーからもらった書類に「ここは南米です辛抱強く対処してください」とあったのが思い出されました。

さっそく町を歩いてみました。

お正月なので、閉まっている店やレストランもありましたが、何しろカラフルな町で、歩いていて飽きません。

今回、訪れたコロンビアの町の中では、最も観光客の多いところだったと思います。

家々は色とりどりに塗ってあり、花や植物に満ちています。

後で学んだことですが、町をあげて、きれいな家コンテストをしているそうで、だから街並みが美しいのでしょう。

上機嫌で写真を撮りながら歩いたのですが、夫の元気がいまいち。

ホテルに戻ってみたら、熱が出ていました。

旅先の病気は本当に不安です。

もちろん、旅行保険には入っていますが、まずは医者を調達しなければ・・・。

いろいろ考えながら一晩過ごしたのですが、幸い朝になったら、けろっと治っていました。

旅行中の不慮の病気やケガに対応するためのマニュアルは、しっかり頭に入れておかなくてはなりませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です