ポーランドへ

ポーランドへ

【2016年8月】この夏は、母が日本から欧州に避暑に来たので、一緒にポーランドへ旅行しました。母は高齢なので、空港ではスペシャル・アシスタンスをお願いしました。これは車いすやカートで旅行者をゲートまで(あるいはゲートから荷物受け取り場所まで)送ってくれるサービスです。母本人がしっかりカートの運転手に取材したところによると、ロンドンのヒースロー空港では、その距離が1マイル(約1・61キロ)にも及ぶそうです。このサービスのおかげで母も疲れることなく移動できました。今回、ワルシャワまでの飛行のパイロットが二人とも女性。ランディングがとてもスムーズでした。

ホテルは、駅の近所の高層ビルのマリオット。32階の部屋で、見晴らしが上々です。朝食も充実。特に苺ミルクが美味しかったです。このホテルでは社員教育が行き届いている感じが伝わってきました。つまり、こういっちゃなんですが、自然と湧き出てくる親切心というより、習った通りにきちんと行動しているという印象。もちろん、それで十分なのですが。

着いてすぐ、翌日からの列車の切符を買いに駅へ出かけました。場末の感じの切符売り場の列に加わり、英語が通じるかどうか不安でしたが、行き着いた窓口のおばさんは、肝っ玉母さんといったイメージで、必要最小限のことをちゃんと英語で伝えてくれました。なかなか感じの良いおばさんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です