寄木細工

寄木細工

【2015年10月】その晩は、ソレントの町を散歩しました。

開いていた店の一つが寄木細工の工房でした。

実際に作業しているところを見せてもらい、店内の作品を見学。

結局、オルゴール一つと小さな絵を買いました。

Calemma という店で、かなり年配の主人によると、ソレントでは500年に渡ってこの工芸が盛んだとのこと。

このお店自体は1910年の創設。

この主人は7歳の頃から作業を始めたそうです。

「子供の頃から始めないと身に着かない」とのこと。

そして「何よりも情熱が大切で、時間給で計算できるものではない」と話していました。

作りかけのダヴィンチの「最後の晩餐」も見せてくれました。

最近、本物を見たばかりだったので、親しみを感じました。

それから、奥に羽を一つだけ生やした女性の大型の絵が掲げてあって、とても素敵。

飾る壁さえあったら、欲しかったなあー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です