興味深いヒューロン族の生活

興味深いヒューロン族の生活

【2019年7月】カナダのケベック・シティー郊外にあるヒューロン族の村、ウェンダキ内のヒューロン族の伝統的な暮らしを再現した Onhoüa Chetek8eという施設では、次に、彼らの伝統家屋であるロングハウスに入りました。

直訳すると、長屋ですね。

カナダのヒューロン族が住んでいたロングハウスの囲炉裏
一つの囲炉裏を二家族が共有

長屋と違うのは、ロングハウスでは複数の家族が一軒の家に住んでいて、家族ごとの仕切りがないことです。

楡の樹皮で覆われた木造の一戸の建物は、幅が約7メートル、高さが7~8メートル、長さについては10メートルから大きいものは70メートルに達するそうです。

その空間の中央が廊下になっていて、そこに囲炉裏があります。

私達が覗いたロングハウスには囲炉裏が三つ。

ということは6つの家族が暮らしていた家だということなのだそうです。

火は絶やさず、常に火を守っていたとのこと。

この廊下の両脇に二層になった棚が並んでいて、一段目がベッド、二段目が物置です。

窓は天井に三つあるだけなので、かなり暗い空間です。

面白いことに、ヒューロン族の結婚は、女性が夫を選ぶ形で決まるのだそうです。

ロングハウス内の女の子が年ごろになると、別の一族から男性がやってきて一緒に暮らし始めます。

3週間試して、うまくいけば良し、ダメなら男性は元の家族に戻されます。

カナダのヒューロン族が使っていたベビーベッド
ヒューロン族のベビーベッド

結婚問題にかかわらず、暮らしの中では、一族の賢母が絶大な権力を持っていたのだそうです。

ロングハウス内には、赤ん坊用のベッドや、トウモロコシを挽いた臼のような物などもありました。

研究によると、ヒューロン族の人々は紀元500年頃からロングハウスに住んでいて、18世紀半ばまでずっとこういった暮らしをしていたということです。

食べ物は干したり、燻製にしたりして保存していたそうで、その様子を再現した場所を見ました。

カナダのヒューロン族の燻し小屋
食べ物の燻製小屋

一緒に説明を聞いた人の一人が「こんなに大っぴらに干したら、動物に食べられないのか」と尋ねたら、ガイドのブライアンは「そんな動物がいたら、すでに我々が食べている。どんな動物でも食べていた」と答えていました。

Onhoüa Chetek8e内は写真を撮って良かったのですが、次に「ここだけは写真不可」という神聖な小屋に入りました。

ヒューロン族には三種類のシャーマンがいて、一人は身体の傷を治す人、一人は精神の傷を治す人、この二人で駄目な場合は、怖いお面を被ったシャーマンが呼ばれ、悪霊を引き出すエクソシストのような役割を果たしたそうです。

三人は別々の人でなければならなかったとのこと。

今はやりのドリームキャッチャーの仕組みも教えてくれました。

これはベッドの上に下げるもので、良い夢は下部の羽の部分にとどまり、悪夢はその上の網状の部分に入り込んで出られなくなります。

網の所々にある小石に朝日が当たると、そこで悪夢は消滅するのだそうです。

ドリームキャッチャーとよく混同されているものに、魔除け用の似たような形の物があり、これには網の代わりに十字が施されていて、玄関に下げて悪霊を退けたのだという話でした。

カナダのヒューロン族の歴史的なカヌーと、ヒューロン族のガイド
カヌーの説明をするガイド

その神聖な小屋を出た後、ヒューロン族の大事な産業だったというカヌーを見せてくれました。

樺で手作りしたもので、フランス人や英国人に売っていたのだそうです。

それから彼ら独特のかんじきも見ました。

そこでツアーは終了。

カナダがチップ社会であることは何度か書きましたが、ガイドのブライアンは説明が終わるとさっさと退場してしまい、チップをあげる間もありませんでした。

その潔さ、かっこいいなと思った次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です