芸大で学んだ人

芸大で学んだ人

【2015年12月】チリバルパライソには、おしゃれなお店もちらほら

私はこのクリソコラという石の指輪を買いました。

チリはラピスラズリが採れることで有名ですが、クリソコラなど銅関連のその他の石も産出するのです。

Galeria Orfebresというで、この地方の7-8人の工芸家の作品を集めて売っていました。

店番をしていたロッコ・ナポリさんもその一人。

最初、彼の作品に惹かれたのですが、高くて手が届きません。

「高いな」と日本語で言ったら、「では、こちらは?」と日本語で返してきました。

てっきりお客さんから日本語を学んだのかと思い「日本人がよく来ますか?」と聞いたら「いいえ、全然来ません」ですって。

「ではなぜ日本語を?」と聞くと、「東京芸大で金属工芸を6年間勉強しました」。

びーっくり!意外なところに意外な経歴の人が潜んでいました。

ちなみに、彼の名前からわかるように、もともとはイタリア人。

お爺さんの代に南イタリアのバジリカータから移ってきたんだそうです。

「子供の頃、家ではイタリア語だった」とのことで、イタリア語も上手。

もちろん、英語も話しました。

バルパライソは今回の南米旅行の中でも、再訪したい所の一つとして心に残ったのですが、このお店もその一因です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です