蚤の市

蚤の市

【2014年5月】スペインビルバオの旧市街にプラサ・ヌエヴァ(新広場)という広場があります。

新しいといっても、できたのは1821年だとのこと。

バスク語のロイヤル・アカデミーがここにあります。

毎週日曜日、ここでは蚤の市が開かれるというので、出かけました。

実はホテルのすぐ裏だったのですが、人に尋ね尋ねて、大回りをして到着。

広場の周りが屋根付きの回廊になっていて、雨模様だったせいか、そこに屋台が並んでいました。

古本屋が主体でしたが、中には小鳥を売っているところも。

市場の主な顧客はおじいさん達でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です