93歳、ケニアに旅立つーーボランティア活動のため

【2018年2月】イタリアのヴェネト州に住む93歳の女性、イルマさんがこのほど、ボランティア活動のためにケニアに旅立った。孫のエリサ・コルトロさんが旅立つ祖母の姿をフェイスブックに載せたところ、大きな反響が得られ、イルマさんは一躍、有名人に。今頃、ケニアの孤児院で活動しているはずだ。

イルマさんはイタリアの伝道師が設立したケニアの孤児院に長期にわたって献金を続けてきた。しかし「献金だけでは不十分。ぜひ、現地に行って何か役立つことをしましょう」と娘(エリサさんの母親)を誘った。その結果、二人で旅立つこととなったという。予定ではケニアに三週間滞在する。

孫のエリサさんは「生存するのではなく、生きるためには、祖母のように、時にはちょっとした無茶な行動に出ることが必要。そのことを伝えたくてフェイスブックに載せた」と述べている。欧州では最近、80歳のスペイン人の男性が、エラスムス計画の学生としてイタリアに留学するというニュースも。前向きな高齢者の活躍が目立っている。

原文はこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です