「最後の審判」風の壁の絵

「最後の審判」風の壁の絵

【2015年10月】ポーランドグダンスクで参加した無料ウォーキングツアー、横道に入ってアーチをくぐり、ちょっとした中庭へ。

この写真の絵は15世紀のドイツの画家、メムリンクによって描かれた「最後の審判をモデルにしているそうです。

本物の「最後の審判」は長く聖マリア教会に掲げられていたそうですが、今はグダンスクの国立美術館にあるそうです。

ガイドのマグダによると、主要市街地では落書きが許されず、唯一、許可を得られたのがこの壁だとか。

ちょっとした芸術作品ですが、これも近く取り除かれる運命だと話していました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です