すさまじかったインド

すさまじかったインド

【2006年9月】また昔話です。

2006年の秋にイギリスのツアーに乗っかって、インドへ旅行しました。

アルメニアのツアーで同室になったマレーシア人の友人と一緒です。

インドに足を踏み入れたのは二度目でしたが、このときも、着いたとたんから強烈な匂いの空気に圧倒されました。

デリーの町を巡って一番驚くのは、真昼間に電信柱の後ろの隙間などで人が寝ていることです。

崩れた建物と同化してじっと座っている老人もいました。

立ちしょんしている人もすごく多くて驚きました。

ごみの山にはロバや牛が群がって、何か食べています。

国際経済的には、すでにBRICSの一角として伸び盛りだったので、仕事がないわけではないと思うのですが、後にガイドに聞いたところによると、町で寝ているのは「そういうメンタリティーの人たち」なのだそうでした。

インドこそ、異文化体験の極めつけではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です