のどかでラブリーなカリマバード

のどかでラブリーなカリマバード

【1996年9月】パキスタンのフンザ地方の中心地、カリマバードでは、Hunza Baltit Inn という立派なホテルに泊まりました。

パキスタン カリマバード 風景 山 緑
山と緑のカリマバード

一泊850ルピー(当時、1ルピー=約3円)の部屋で、きれいで気持ち良かったです。

後で分かったのですが、日本人の団体客もここに泊まっていました。

こんな奥地まで来て泊まる日本のツアーがあること自体にびっくりしましたが。

朝食がとても英国調。

紅茶と目玉焼きとトースト、それにポリッジも選べました。

給仕の仕方がとても丁寧で、バトラーを思わせるほどです。

外へ出てみると、ここは山の斜面に家がへばりついている形の町なので、坂道ばかり。

結構、民族工芸店が並んでいて、胸が高まります。

目の前に迫る山々は、時間とともに、刻々と色が変わっていき、眺めていて見飽きません。

人々が皆、フレンドリーで、すれ違う度に、挨拶します。

全体におっとりした空気が漂っている気がしました。

パキスタン カリマバード 子供 2人 
人懐っこい子供たち

何せ、フンザは長寿で知られ、大好きだった小説「失われた地平線」の中の桃源郷、シャングリラのモデルとも言われているところです。

坂の上の方にはバルチット・フォートというチベットスタイルの城跡がありますが、修復中。

これが近々、公開されるそうで、北パキスタンのカリスマ大富豪で英国在住のアガ・カーンが訪れるために、この辺りのホテルは次の週、全て満室だという話でした。

そのバルチットの方まで坂を上ると、オールド・ポロ・グラウンドという広場に面した建物の屋根の上で、6人の男たちが音楽を奏でていました。

パキスタン カリマバード オールド・ポロ・グラウンド 音楽隊 屋根の上
屋根の上の音楽隊

皆さん、かなりのお年寄り。

大太鼓1つ、小太鼓2つ、ラッパが3つ。

ラッパの音がチャルメラのようです。

メロディーがつかめない音楽で、一曲一曲の違いが分かりませんでした。

男子校の学校の門の外だったせいか、灰色のサルワール・カミーズが制服らしい男の子たちが、ボール遊びをしていました。

ところで、ここがいかに世間から切り離されているかの例を一つ。

電話をかけるのが一筋縄ではいかないのです。

パキスタン カリマバード オールド・ポロ・グラウンド 子供たち 遊ぶ
ボール遊びに興じる子供たち

ホテルからはかけられず、土埃が舞う急な坂を下って「テレフォン・エクスチェンジ」という所へ。

小さい部屋に普通の電話と、受けるだけの電話の乗ったテーブルと、椅子が7つほど並んでいました。

そして、この国の首都、イスラマバードへの電話がつながるのに、何と、小一時間もかかったのです。

さらに、絵葉書を出しに郵便局まで坂を上ったら、今度は「切手が売り切れ」という理由で閉まっていました。

桃源郷とは、世俗を離れた平和な世界。

ここはまさに、そんなところでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です