アルゲーロのウォーキングツアー:珊瑚とカンノナウ

アルゲーロのウォーキングツアー:珊瑚とカンノナウ

【2020年8月】イタリアサルディニア島北西部にある町、アルゲーロでのウォーキングツアーの続きです。

イタリア サルディニア アルゲーロ Piazza Civica 最古の建物
窓に特徴があるアルゲーロ最古の建物

城壁外で始まった後、城壁の中へ。

レストランや店が集まるPiazza Civica に出ました。

ここに面している Palazzo d’Albis de Ferrara という建物は、町で一番古いそうです。

カタルーニャのゴシック様式なのだそうで、窓の形にその特徴が表れているという話でした。

ここから via Minerva を通り、via Roma に左折。

この通りにあった珊瑚店の前で、サンゴ漁の話になりました。

2年前にこの町に来た時にも、珊瑚については学んだのですが、アルゲーロでは珊瑚の話は避けて通れません。

イタリア サルディニア アルゲーロ 珊瑚 証明
サルディニア産の珊瑚が売られているという証明

今回、ガイドのサブリーナの話によると、サンゴ漁はローマ時代から盛んだったそうですが、昔のやり方だと船を使うため、珊瑚を傷つけたそうです。

なので今は、人が潜ります。

80~100メートルも潜るので、今ではライセンスを持っているのは12人のみ。

そして、獲っていいのは、一日に1㎏まで。

漁をする月も決まっているため、おのずと値段は高くなります。

アルゲーロの珊瑚を売っているのは、そのライセンスの印がある所だけです。

イタリア サルディニア アルゲーロ 陸の門 古本市 影
「陸の門」の中では古本市が開催中

そういう店でも、かなり安いブレスレットなどが売られていますが、これは、珊瑚を磨いた時に出る粉を再利用し、集めて固めたものだからなのだそうです。

南のボザから北のカステルサルド辺りまでを、コラル・コースト(珊瑚海岸)と呼び、ここで獲れる珊瑚は真っ赤ではなく、サーモンピンク系の色だという話でした。

ちなみに、アルゲーロの町の旗は、カタルーニャの赤・黄の横縞に、珊瑚の絵が付いています。

歩いていた via Roma の突き当りにあるのは、Torre Porta Terre (陸の門)という塔。

アルゲーロの旧市街はぐるっと城壁に囲まれていますが、二辺は海なので、壁が作りやすかったとか。

門は二か所で、この陸の門と、少し離れたところにある海の門。

門は日没とともに閉じられたそうです。

この陸の門のところで、右に曲がり、via Simon を歩いていたら、プロが撮った大きなお年寄りの写真が。

これは前回来た時にも学んで知っていたのですが、サルディニアの100歳を超えるお年寄りをかっこよく撮って町のあちらこちらに掲げ、長寿に誇りを持っていることを示しているのだそうです。

イタリア サルディニア アルゲーロ ワイン カンノナウ
スーパーで買って飲んだカンノナウ

サルディニアは、日本の沖縄と同様、長生きが顕著な地域を示す「ブルー・ゾーン」。

サブリーナによると、長生きの秘訣の一つは、サルディニアの赤ワイン用のブドウの品種、カンノナウにあるとのこと。

カンノナウに含まれる成分が、長寿を促すのだそうです。

ちなみに、サルディニアのスーパーで見かける赤ワインは全て、カンノナウでした。

そういえば、前回来た時にも、エノテカで「100歳」を意味するワインを飲んだのでした。

私達もこれから努めてカンノナウを飲むようにしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です