オシニ村のヌラゲ

オシニ村のヌラゲ

【2010年8月】サルディニア内陸の道なき道をしばらく走った後、6000年ほど昔の人家であるヌラゲを見学しました。

写真にあるように、石の積み重ねの円柱形の家なのですが、ガイドの話によると、水を通さず、石が一個欠けても崩れないようなうまい造りになっているそうです。

このヌラゲの地下には自然の洞窟があり、人々はここに食物を貯蔵していたとか。

おかしかったのは、このガイドさん、英語が話せるかと聞かれ、「外国語といったらイタリア語しか話せないよ」と強いサルディニアなまりで答えていたことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です