ファシズムの建築

ファシズムの建築

【2012年3月】今回のジェノヴァ再訪の二日目は、小ぶりの観光バスに乗りました。

いつもの乗り降り自由の赤い二階建てバスと違って、日本語の案内はありません。

このバスで学んだひとつがこの勝利の広場

1920年代にできた巨大な長方形の広場で、当時のファシズム的な「大きいことは良いことだ」が感じられるところです。

中央にあるこの凱旋門は第一次大戦の戦死者の栄誉のために作られたそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です