ウィッツタブルのビーチ・ハット

ウィッツタブルのビーチ・ハット

【2020年9月】イングランド南東部のウィッツタブルへ出かけたのは、牡蠣を食べるのが第一目的でしたが、もう一つの目的は、ビーチにずらっと並ぶカラフルなビーチ・ハット(beach hut)の光景を見ることでした。

イングランド ウィッツタブル ビーチ・ハット
ウィッツタブルのビーチ・ハット

ビーチ・ハットとは何かというと、小さい木製の小屋で、ビーチで遊ぶ人々が着替えや休憩などに使うものだそうです。

たいていは個人所有で、買おうと思うと、かなりのお値段がするものらしいです。

オンライン情報によると、英国で最近売れた一番高い小屋はドーセット州にあるもので、33万ポンド(約4580万円)。

「イングランド北部の町、ハルではこの値段で寝室が5部屋ある一軒家が買える」と書いてありました。

ウィッツタブルにあるビーチ・ハットでも、二層になっている立派なものが5万ポンド(約694万円)で売れたというのがニュースになったことがあるようです。

ビーチ・ハットにはトイレがなく、寝泊りはできないのですけれどね。

イングランド ウィッツタブル 海 人々
寒々とした海の風景

ウィッツタブルに行こうと私が提案した際、夫がネットで検索したら、まずこのビーチ・ハットの光景が出てきたそうですが、何度もこの町に行ったことのある私は、毎回気持ちが牡蠣に集中していたためか、見たことがありません。

なので、ウィッツタブルのどの辺にあるのか知りませんでした。

港周辺には見当たらなかったので、店でビーチ・ハットの写真を売っていた人に尋ねました。

すると、港を中心に海に沿って、右に行っても左に行っても、こういう光景が見られるところがあるとのこと。

この人によると、海に向かって右に行くと家族向けのビーチ、左はより自然なままのビーチだそうです。

イングランド ウィッツタブル ビーチ 家々 水制
ビーチ周辺

歩いて20分ぐらいで行けるという話でしたので、私達は自然のビーチの方を目指しました。

この日は何しろ雲が垂れ込める暗い日であるだけでなく、強風で寒く、コロナ対策のマスクが防寒に役立ったほど。

そんな中でしたが、道中もかなり絵になる風景があり、たくさん写真を撮りながら歩きました。

やがて、それらしい光景が現れました。

なるほど、これは確かに見甲斐があります。

小屋は一つ一つ色が異なるので、そこ一帯がカラフルで、こんな悪天候の中でもぱっと目を引きます。

イングランド ウィッツタブル ビーチ・ハット 列 道 人々
道を挟んだ裏側にも小屋の列が

カニや人魚の印をつけている小屋があったりして、持ち主がいろいろ工夫しているあとも見られました。

季節外れだし、こんな天気ですから、皆、しっかり閉まっていましたが。

海に面して並ぶ一連のビーチ・ハットの裏側に回ってみたら、小道を挟んで、さらに小屋が並んでいました。

つまり、列が二重になっていたのです。

それほどに需要がある、つまり、このウィッツタブルの海で泳ぐ、あるいは日光浴をする人がいるってことですねー。

イングランド ウィッツタブル ビーチ・ハット 模様
凝った模様のビーチ・ハット

少なくとも、この日の灰色の海を見る限り、ここで泳ぐなど、とても想像もできませんでしたが。

ここで自撮りをして、SNSに載せたら、「ウィッツタブルは良い所よね、楽しんで」と意外にも、複数の友達から反応がありました。

ウィッツタブル、私が感じていたよりも実は有名な町だったのかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です