シャンゼリゼ劇場

シャンゼリゼ劇場

【2015年3月】パリでエッフェル塔に上った日、いったんホテルに戻って着替え、夕方にシャンゼリゼ劇場へ出かけました。

今回のパリ訪問は、バレエを観るのが主目的

この日観たのは、サンクトペテルブルク・バレエ・シアターによる「ロミオとジュリエット」でした。

シャンゼリゼ劇場は、1913年に完成したアール・デコの劇場で、前日に行ったオペラ座に比べると、ずっと庶民的。

バレエ好きの地元民が集まっていて、ツーリストらしい人は見かけませんでした。

私達は勝手に席を見つけて座ったのですが、人々を座席に案内する女性がいて、この人にいくらかチップを払うのが習慣だということが、じっと見ていてわかりました。

場合によっては、この女性がお客さんにチップを要求していたようです。

バレエそのものは、ちょっとがっかり。

主役のイリーナ・コレニスコヴァさんは上手でしたが、その他の水準が低く、彼女をリフトした男性が落とすのではないかとはらはらしどおし。

オーケストラもいまいちで、最後にブーイングが飛んでいました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です