ソルフェリーノで肉料理

ソルフェリーノで肉料理

【2017年10月】あるウェブサイトで、骸骨が並ぶ異様な壁の写真を見たので調べてみたら、イタリアミラノから日帰りできる距離にあるソルフェリーノという町だと判明。

行ってみることにしました。

骸骨を見る前に、予約をしに入った開店前のレストランのスタッフが「あと10分で開きますよ」というので、先に食べることに。

そうして良かったです。

というのも、私達が食べているうちに、どんどん人が入ってきて、かなり広いレストランが満席になったのです。

このレストランは、Locanda Avanguardia という名前で、予めネットで見て目星をつけていたのでした。

メニューには土地の料理が様々載っていました。

私達は前菜に、ハムやサラミの盛り合わせだけでなく、この地方独特の小さい肉入りラビオリを頼みました。

このラビオリにはスープにするか、バターで料理するかのチョイスがあり、私達は後者を選びました。

それから、メインは名物のお肉の盛り合わせ。

ウエイトレスがテーブルぐらいのサイズの器具をゴロゴロと運んできて隣に立ち、説明を始めました。

器具は三つに分かれていて、一つ目の蓋を開けるとロースト肉が6~7種、二つ目には茹で肉が6~7種、三つ目には野菜が入っていました。

肉の種類は、牛、ポーク、チキン、タン、豚の膝、コテキーノ(大きくてリッチなソーセージ)等々。

地元の人々は自分の好みを知っているので、選んでいましたが、私達はすべてを少しずつ取り分けてもらいました。

ソースはホースラディッシュ、パセリ、モスタルダ(甘辛いフルーツの漬物)など5種類あり、これも少しずつお皿に。

盛りだくさんでしたが、それぞれが異なる味わいでとても美味しく、全部平らげてしまいました。

ワイン一本、デザートのアイスクリームも含め、€83約11000円)。

やっぱり田舎は安いなあと思ったことでした。

田舎のレストランだから古めかしいのを想像していたのですが、明るくて広々としていて、スタッフも若者が多かったです。

お客さんの平均年齢は高かったですが。

この店では、ワインやお菓子の販売もしていたので、試しにズブリゾローナという焼き菓子を買ってみました。

素朴な味わいで、これもなかなか良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です