デルフトの町とデルフト焼き

デルフトの町とデルフト焼き

【2017年6月】オランダの南ホラント州を急いで回るツアー、次に行ったのはデルフトでした。

デルフトはアムステルダムを縮小したような、可愛らしい町です。

旧市街には大型バスは停められない規則だそうで、けっこう歩いて中心のマルクト広場へ。

この町は、オレンジ公ウィリアムとゆかりが深い町らしく、彼についての説明がありました。

ただ、よく聞くと、このウィリアムは私達が歴史で習った有名なウィリアム(名誉革命でイングランドの王になった人)ではなく、その曽祖父に当たる16世紀に生きたウィリアム1世です。

現地では、オラニエ公ウィレム1世というようで、ネーデルランド連合王国の事実上の君主なのだそうです。

ガイドのエリックによると、彼は女性には不実でしたが、飼い犬には忠実で、4回結婚したけれど、その都度、同じ犬を連れていたという話。

彼のお墓に犬も一緒に眠っていて、犬の像もあるのだそうです。

実際には見ませんでしたが。

そして彼は政治家なので、「おしゃべりはたくさんしたが、意味のあることは何も言わなかった」とのこと。

確かに、ネットで見たら「沈黙公」というあだ名が付いているようです。

そして彼の座右の銘は「敵に敬意を払い、味方に用心せよ」だったそうです。

そんな話を聞いた後、広場に面したレストランに連れて行かれ、「ここがサービスの速いレストラン」と紹介されました。

まだまだ先があるツアーですから、「のんびり食事をして集合時間に遅れられては困る」という行間が読めました。

ほかに何も知らなかったので、言われた通り、その店で食事。

何を食べたか覚えていないほどのつまらない食事でした。

エリックも「サービスが速い」とは言ったけれど、「食事が美味しい」とは言わなかったものねー。

集合時間までのわずかなフリータイムに、町を少し歩きましたが、とても感じの良い小さい町で、天気の良い週末を楽しむ現地の人やツーリストで賑わっていました。

その後に行ったのは、デルフト焼きの工場、ロイヤル・デルフトです。

1653年創業の老舗で、今もデルフトで陶器を焼いている唯一の工場だそうです。

ここ専属のガイドが、いかに手間暇かけて作品を作っているか、丁寧に説明してくれました。

建物の装飾が、なぜか中東風でとてもきれい

この日は日曜日だったので、ツーリスト向けに実演するための人しか働いていませんでしたが、工場内で中国語の張り紙が目に留まりました。

通常は中国人がたくさん働いているのでしょうか。

もちろん最後は売店です。

手描きの物はとても高くて手が届かなかったですが、ハンド・プリントのものはお手頃。

我が家の絵皿コレクション用に一枚買いました。

ちなみに、白地に青い模様という点で、デルフト焼きも、二年ほど前に行ったマイセンも似ているのですが、お値段はマイセンの方が格段に高いです。

なぜかと思ったら、マイセンのは磁器で、デルフトは陶器だかららしいです。

そういえば、もう一つ、デンマークのロイヤル・コペンハーゲンという焼き物も白地に青ですね。

こちらも、高価な磁器だそうです。