ネプチューン像

ネプチューン像

【2015年10月】この写真の像は、ポーランドグダニスクの目抜き通り、ロング・ストリートにあるネプチューン像です。

この像がお尻を向けている建物が、ハンザ同盟時代の取引場だったそうで、裕福な人が自分の富を見せびらかすために、ネプチューン像の泉に金貨を投げ入れていたとか。

ある時、金貨が自分に向かって投げられるのに辟易したネプチューンが怒って泉をかき回し始めました。

その結果出来上がったのがウォッカなんだそうです。

ポーランドには金箔の入ったウォッカもあるそうです。

ちなみに、このネプチューンのお尻を触るとラッキー、という謂れもあるとか。

グダニスクは14世紀半ばにハンザ同盟に加盟

琥珀の取引で豊かになり、16-17世紀に全盛期を迎えました。

町中の建物の煉瓦オランダからの輸入品だったそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です