バリチャラの町とイタリアン

バリチャラの町とイタリアン

【2016年12月】コロンビアバリチャラは本当~に美しい町です。

もう一度、この国に行く機会があったら、是非、また寄りたいところです。

そしてこの町にまた行けたら、是非、行きたいのが、このイタリアン・レストラン。

Ristorante Al Cuoco という名前で、マッシモ・ルチア―二さんが一人でやっています。

私達が長旅の末、バリチャラに着いたのは、お昼過ぎ。

お腹が空いていたので、さっそくレストランを探しました。

ガイドブックに星印付きで推薦してあったのがこの店でした。

小さい町なのに、なかなか見つからず、町外れまで結構、歩き回りました。

坂の多い町なので、歩くのは楽ではありませんが、白壁に赤い瓦の平屋建ての家が続く景色が美しいので飽きません。

ガイドブックには「ハリウッドの映画製作所が夢に見る、雰囲気にあふれた植民地時代の町」とありますが、本当にどちらを向いても絵になる光景です。

ずいぶん歩いた末、ふと振り返ると、大きなイタリア国旗が。

そこがマッシモさんのレストランでした。

彼はローマ出身の62歳。

ここでレストランを始めて6年になると言っていました。

メニューは非常に限られていて、彼の手作りもっちりパスタのみ

私は肉団子のパスタ、夫は自家製ソーセージのパスタにしました。

セミフレッドのデザートとワイン一本を含めて、200000ペソ8000円ほど)と安くはなかったですが、とても美味しかったです。

私達がいるあいだ、ほかに客は入りませんでしたが、マッシモさんによると、バリチャラにはウクライナ人や中国人なども含め、世界中から人が来て、ここで食事をしていくそうです。

この辺に住んでいるイタリア人は彼一人。

ローマに成人した息子が二人いるそうですが、コロンビア人の現在の妻との間にも子供がいるとのこと。

とにかく、バリチャラのゆったりした雰囲気が好きで、ここの生活に満足していると言っていました。

そういえば、ベトナムのホイアンに行ったときにも、レストランを経営しているイタリア人に会いましたっけ。

こういう人が世界中にぽつぽついるんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です