フラミンゴがいる塩湖

フラミンゴがいる塩湖

【2015年4月】キプロスでのホリデー、今度はギリシャ側をぐるっと周るツアーに参加しました。

最初の目的地はラルナカ塩湖です。

ここでは野生のフラミンゴが見られました。

あまりにも遠くでたむろしているので、写真は撮れませんでしたが。

この写真のモスクはハラ・スルタン・テッケで、18世紀に建てられたそうです。

この塩湖、言い伝えによると、かつては広大なブドウ園だったそうです。

ある時、ここを通りがかった聖ラザロが主人にブドウを所望したところ、主人は断り、ブドウが入った籠の中身について「これは塩だ」とウソをつきました。

これを懲らしめるため、ラザロがブドウ園を塩湖にしてしまったという話です。

ここに来る途中、ヒロキティアという遺跡の近所で一休み。

遺跡そのものには行かないで。

説明だけは聞いたのですが、この遺跡では、死者は胎児の格好で埋められていたとのこと。

ガイドは、きっと生まれ変わりを信じていたのだろうと言っていました。

ガイドブックによると、ここには紀元前6800年ぐらいから2000人ほどが住んでいたとみられているそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です