牢獄のような狭さ

牢獄のような狭さ

【2012年7月】今回のパリのホテルは凱旋門の北東にあるElysees Niel Hotel でした。

機能もロケーションも全く問題はないんですけれど、何せ部屋が狭い。

幸い小さいスーツケースでしたが、それでもベッドの周りを歩くのに、カニ歩きが必要なほどでした。

以前にも何度かフランスでは狭い部屋に泊まったことがあり、「また牢獄だったよ」との一言で通じる友達もいます。

歴史の長い建物を改造するから、こういうことになるのでしょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事