スリに注意

スリに注意

【2012年7月】パリの地下鉄の14番線だったでしょうか、どの駅も新しいモダンなつくりでした。

そこのアナウンスですが、フランス語のすぐ後に日本語でスリに気をつけてくださいという内容

日本語の後に英語やイタリア語などが続きました。

ということは、日本人の被害が多いということなのでしょう。

20年以上前の話ですが、私も被害に合いました。

地下鉄に乗ったばかりのときにポシェットが開けられ、お財布が他人の手につかまれて出て行くではありませんか。

私はその腕をがしっと握ったのですが、男に力にかなわず、おめおめ逃がしてしまいました。

男はドアが閉まる寸前にプラットフォームに下りて逃げ去りました。

こんな悔しかったことってありません。

その後、10年間ほど、仕事で必要なとき以外にはパリに足を踏み入れなかったほどです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です