プリンス・エドワード島の橋と牡蠣

プリンス・エドワード島の橋と牡蠣

【2019年7月】カナダのプリンス・エドワード島でのタクシー・ツアー、最後に島と本土を結ぶコンフェデレーション橋を見に行きました。

この橋は、島の南側の海岸にあるボーデン・カールトンという町と対岸のニュー・ブランズウィック州を結ぶ約13キロの橋で、海が凍るところの橋としては、世界一長いのだそうです。

プリンス・エドワード島のコンフェデレーション橋のたもとの公園にあった貨物車
飾ってあったかつての貨物車

建設は、1993年10月から始まり、1997年5月に完成。

私達の運転手のビリーも、最後の2年間、建設に関わっていたのだそうです。

彼は「赤毛のアン」ツアーの時には退屈そうでしたが、ここでは生き生きと説明してくれました。

以前は、鉄道でボーデン・カールトンまで人やモノを運び、ここからフェリーで対岸に渡っていたため、この町は重要な港町だったのですが、今は皆が素通り。

の建設中にも大賑わいだったとビリーが言っていました。

橋のたもとの公園に、昔の線路と貨物車が展示されていました。

プリンス・エドワード島のコンフェデレーション橋のたもとの公園 
橋のたもとの公園

ビリーによると、橋がカーブしているのは氷の影響を小さくするためで、橋桁には氷を砕くための施設が付いているとのこと。

何やら詳しく説明してくれましたが、私にはさっぱり。

橋は両岸から作り始め、真ん中で合流して出来上がったそうです。

風が強い日には通行止めになるというこのコンフェデレーション橋、通行料は47カナダドル(3800円)ほどするそうですが、「もう建設費は賄えたのだから、島民には無料にすべきだと運動しているところだ」とビリー。

彼の妹が対岸に住んでいて、「向こうにTim Hortons がないから、よくこちら側に来る」と話していました。

Tim Hortons というのは、カナダでよく見かけたファーストフードのチェーンです。

入りませんでしたが。

カナダ プリンス・エドワード島 シャーロットタウン Sims Steakhouse & Oyster Bar 生ガキ
最高だった生ガキ

以上でツアーが終わり、シャーロットタウンに戻ってきました。

時間を超過してのツアーとなったので、おなかがペコペコ。

ビリーが教えてくれた Sims Steakhouse & Oyster Bar に直行しました。

カウンター席しかないと言われましたが、ほかを探す元気もなく、カウンターに座りました。

まずは生ガキを三つずつ。

種類がいろいろあり、カウンター内の女性が「私の好みで選んでいいかしら」と言うので、そうしてもらいました。

それぞれ異なる味わいで、いずれもプリプリしていて、すごく美味しかったです。

カナダ プリンス・エドワード島 シャーロットタウン Sims Steakhouse & Oyster Bar パスタ料理
パスタも美味なり

メインは私も夫もパスタにし、私はロブスターソースにムール貝や小さい貝柱などが入ったもので、ややスパイシー。

夫はロブスターの身が入ってて、チーズが乗ったパスタを選びました。

ここに来て、プリンス・エドワード島はシーフードで定評があるというのがよくわかった次第です。

プロセッコ1本と、デザートも食べた上、デザートワインも飲んで、190カナダドル(15000円強)でした。

カウンターの女性が感じ良くて、「夜の10時過ぎに、あそこの角の店に行くと、牡蠣が安く食べられるわよ」と教えてくれました。

お腹に隙間がなくて行けなかったですけれど。

この人がこの店の店主だったのかもしれません。

店から4分のところに住んでいると言っていましたから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です