プリンス・エドワード島へ

プリンス・エドワード島へ

【2019年7月】カナダのモントリオールに3泊した後、プリンス・エドワード島に移動しました。

モントリオールの空港には、割とちゃんとしたレストランがあったので、そこで食事をしました。

カナダ モントリオール 空港 レストラン バイソンのたたき
空港で食べたバイソンのたたき

最初に入った店では、すっかり馴染んだバイソンの肉の、今回はたたき。

ここはサービスが遅かったですが、バイソンは美味しかったです。

夫が調べたところ、バイソンの肉は、1990年代から飼育する農家が増え、一般的になったとのこと。

コレステロール値が低い肉なのだそうで、もっと世界に広まってほしいものです。

その後、まだ時間があったので、デザートを食べようと別の店に入ったところ、そこの自家製ポテトチップスがとても美味しそうだったので、それと白ワインがデザートとなりました。

カナダ モントリオール 空港 レストラン ポテトチップス
美味しかったポテトチップス

空港の店にしては、どちらもちゃんとしていて満足度が高かったです。

今回の飛行は1時間半ほど。

モントリオールとプリンス・エドワード島では、1時間の時差があったので驚きました。

さすが、世界で二番目に大きな国です。

空港からタクシーで、島の首都であるシャーロットタウンの中心にあるGreat George Hotel へ

ここはなかなか、おしゃれなホテルです。

町の中にいくつか「家」を持っていて、一軒に3~4つずつ部屋がある様子でした。

以前、スペインのマルベーリャで泊まったホテルもこんな感じだったのを思い出しました。

ガイドブックによると、ブティック・ホテルに分類されるとのこと。

カナダ プリンス・エドワード島 シャーロットタウン Great George Hotel ベッドルーム
私達のベッドルーム

派手で豪華な部屋から歴史的な部屋、モダンな造りの部屋と様々な雰囲気の部屋があるようです。

私達の棟は母屋の斜め前の青い家。

この町の一般家庭の家と同様、木造です。

部屋はリビングルームとベッドルームに分かれていて、洗濯機も付いていました。

しばらく、生活できそうです。

私達はここにたった二泊だったのですが、「ここにもっと長く滞在する日程にすればよかったね」と話したほど、良い雰囲気。

カナダ プリンス・エドワード島 シャーロットタウン Great George Hotel ロビー
趣のある母屋のロビー

カナダのホテルにしては珍しく、朝食付きで、朝食は母屋で食べます。

母屋のロビーがそのまま朝食室になっていて、そこに並ぶソファーで食べるようになっていました。

ここも独特の雰囲気で、面白かったです。

ただ、朝食の内容は、「ところ変われば品変わる」。

私達が慣れ親しんだクロワッサンや、チーズ、ハムなどはなく、ベーグルとかマフィンだけでした。

もちろん、カプチーノもなく、普通のフィルターコーヒーでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です