わくわくする旧市街

わくわくする旧市街

【2009年4月】ボスニア・ヘルツェゴビナの首都、サラエボの旧市街はオスマン・トルコが築いた町だそうです。

小さな小売店が軒を連ねる様子に、気持ちが自然に沸き立ちます。

中東のバザールやスークのように、宝飾店街、金物店街などと地域が分かれています。

目を引くのが、写真のようなカラフルな敷物

表に出ているのは新しい製品ですが、中にはアンティークもあります。

当時、私はこういう物に目がなく、二つの大戦の間ぐらいの時期に織られたという一枚を買いました。

ボスニアのキリムで、守り神とされる蜘蛛が描かれています。

他で見られないデザインでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です