ラ・ペローザで食べたものと、この日の夕食

ラ・ペローザで食べたものと、この日の夕食

【2020年9月】イタリアのサルディニア島北西部の突端にある美しいラ・ペローザのビーチで一日過ごした日、ランチは辺りに一軒だけだった海の家風のレストランにて。

イタリア サルディニア スティンティーノ ラ・ペローザ 海の家 レストラン カラサウ ピザ
カラサウを使ったピザ風の物

イカのフライと、カラサウ版ピザのようなものをシェアし、カンパリ・スプリッツを飲みました。

カラサウというのは、サルディニアではなくてはならないパリパリの薄焼きパンです。

これをピザに使うというのは意外性があって、面白くて、それなりに美味しかったです。

使ってあったチーズはプロヴォラでした。

これだけで、€50(6200円ほど)と安くなかったのですが、こういう場所ですから仕方ありません。

イタリア サルディニア スティンティーノ ラ・ペローザ アラゴンの塔 海
アラゴンの塔がある小島

お昼時にここが混んでいたのは、当然でしたが、待つほどではなかったのは、ちゃんと昼食持参でビーチに臨む人が多かったからでしょう。

午後には光の加減か、海の色がますますハッキリときれいです。

夫は子供の頃に、「食べた後、3時間は水に浸かってはいけない」と教わったそうで、それを守って海に入らず、周辺を散歩しました。

アラゴンの塔がある岩場の方へ、行ってみました。

塔は海で隔てられた小島に建っているのですが、海が浅いので、歩いて行けるようです。

私達は対岸の丘から眺めただけでしたが。

イタリア サルディニア スティンティーノ ラ・ペローザ パラソル 海
海とパラソル

とにかく美しいので、写真を山ほど撮りました。

4時ぐらいになって、また海の中へ。

水が一段と冷たく感じました。

私はドボンと入ってしまうと大丈夫でしたが、夫には冷たすぎたようです。

こうして、一日をビーチで過ごすというのは、私達には珍しいことです。

ヨーロッパ人の夏休みはもっぱら、コレですがね。

退屈するかと危惧しましたが、そんなこともなく、リラックスした時間が流れていきました。

イタリア サルディニア スティンティーノ ラ・ペローザ 海 ウインドサーフィン
紅一点

迎えのバスは午後6時に来ました。

滞在しているアルゲーロの町に戻り、いつものレストラン、Il Pesce D’oroへ。

開店と同時に入ったのですが、この日は週末。

予約でいっぱいだそうで、外の狭いテーブルに案内されました。

夫はシーフード・ピザ、私は鯛の塩焼き。

やっぱり新鮮な魚がとても美味しかったです。

デザートはこの間も食べたSeadasというペーストリーの中にチーズが入ったモノで、今回はその上に蜂蜜がかかっているのを選びました。

イタリア サルディニア アルゲーロ レストラン Il Pesce D'Oro シーフード・ピザ
具だくさんのシーフード・ピザ

これに赤白のミルト酒と500mlのハウスワインで、全部で€60。

ここはいつも、リーズナブルです。

私達のエアビーがもう少し、旧市街に近かったら、一回帰っておしゃれして出直したのですが、面倒だったので、ビーチ上がりの潮っぽい姿のままのお食事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です