ルーでの二軒目のレストランと宿のバー

ルーでの二軒目のレストランと宿のバー

【2020年7月】イングランド南西部のコーンウォール州にある海辺の町、ルーで二日目の晩に予約していたレストランは、The Sardine Factory Restaurant です。

イングランド コーンウォール州 ルー 渡し船 看板
渡し船の看板

この日午前のウォーキングの際に、このレストランが宿と同じウエスト・ルーにあることを確認していましたので、迷うことなく行けました。

その途中、気づいたのは、ウエスト・ルーとイースト・ルーを結ぶ渡し船の存在です。

ルー川にかかる橋は、私達の宿であるオールド・ブリッジ・ハウスの近所にある橋のみなので、河口近くでは、川を渡れません。

それでこの渡し船があるわけですね。

一回渡るのに£1(140円ほど)だそうです。

でも、運航できるのは、川が水をたたえる満潮の時だけ。

観光客向けのアトラクションなのかもしれません。

さて、The Sardine Factory は、新しいレストランのようで、ダンス・スタジオのように広々とした空間に距離を置いてテーブルが並んでいました。

私達は壁際の二人用のテーブルに案内されたのですが、他のテーブルと離れていたので、安全な感じです。

マスクをしたウエイトレスが、年季の入ったプロというよりバイトさんのような雰囲気で、メニューの内容もトラディショナルというより、フュージョン系。

イングランド コーンウォール州 ルー レストラン The Sardine Factory 内装 広い
広々としたレストラン

私は前菜に、シジミの酢漬けを食べました。

海辺のリゾートの屋台で売っていそうな代物ですが、これがシンプルで美味しかったです。

夫はフィッシュ・ケーキ。

メインは、イワシにしました。

「今日の魚」というメニューの魚を聞いたら、イワシだったのです。

この店の店名でもありますし。

こちらも、シンプルなおいしさ。

イングランド コーンウォール州 ルー レストラン The Sardine factory イワシ
メインのイワシ

特に、店ならではの味付けなどがあったわけではなかったですが。

夫は、英国では定番のフィッシュ・アンド・チップスにしました。

こちらも、悪くなかったようですが、かつてバースデボンで食べたのよりは劣ったようでした。

サイドにフレンチフライを頼み、お代わりまでしたので、デザートは無し。

白ワイン一本を含め、全部で£70弱だったので、まあリーズナブルでした。

イングランド コーンウォール州 ルー オールド・ブリッジ・ハウス バー
宿のバー

ぷらぷら歩いて宿に戻り、部屋に直行せず、階下の奥にしつらえてあったバーへ。

ここは無人で、客は勝手に飲んで、飲んだ分を紙に記入するというのんびりした仕組みです。

こういう性善説を信じたシステムには好感が持て、ずるをする気が起こらないものです。

人によるかもしれませんけど。

私はポートワインを1杯、夫はウイスキーを2杯飲みました。

イングランド コーンウォール州 ルー 夜景
宿の窓から見た夜景

ウイスキーの種類がいろいろあり、オーナーの思い入れがうかがえました。

チェックアウトの時に、この料金が請求されましたが、ウイスキーが一番、高く、一杯£6ぐらいだったと思います。

ほろ酔い気分で部屋に戻りました。

窓から、暗くなっていくにつれて、ルーの町に明かりが灯っていく美しい光景が見えて、うっとりしたことでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です