一般に、人が想像する天国の光景

一般に、人が想像する天国の光景

【2009年11月】世界で5番目に小さい国、サンマリノを訪れた日、美味しいCappellettiのランチを食べて外に出たら、霧がすっかり晴れていて、真っ青な空。

天空のサンマリノから下界を見下ろす
下界はすっかり雲の中

けれど、下界は雲に包まれています。

下界とすっかり切り離された天空の世界にいるようで、一般に、人が想像する天国とはこんな感じじゃないのかな、と思った次第。

私にとっては、初めてのサンマリノだったのですが、仕事やホリデーで何度も訪れたことのある夫も、こんな景色は初めてだと言っていました。

夏場には行列になるほど、人で混みあうという石畳も、11月末のこの日は閑散。

天空のサンマリノのグアイタ城塞
雲の上にそびえたつグアイタ城塞

独り占めできました。

サンマリノと言うと、三角形に切り立った丘の上に城跡がある景色が有名です。

行ってみるまで知らなかったのですが、この城は三つもあるのでした。

侵略から国を守った砦です。

一番古くて、絵になるのが、11世紀のグアイタの城塞

牢獄としても使われたことのある砦だそうです。

サンマリノの城の窓から
中世の城塞の窓から

ただでさえ、立地が独特で強い印象を残す城ですが、この日は下界が雲の中だったので、まさに「天空の城」という表現がぴったり。

写真の撮り甲斐がありました。

グアイタの他には、13世紀に建てられたチェスタ、14世紀のモンターレがあります。

グアイタとチェスタは一般公開していたので、中に入ってみました。

展示されているのは、兵器類が主で、あとはガランとしていて、それほど興味は湧かなかったのですが、窓からの景色がまた幻想的で素晴らしかったです。

そうこうするうちに、だんだん陽が傾いてきました。

11月ですから、陽が沈むのが早いのです。

サンマリノの月
日没後の光景

雲の向こうに沈んでいく太陽の景色が、これまた素敵。

そして、日没後のブルーアワーには、ぽつんと月が出ました。

そろそろ引き上げようと駐車場への道を尋ねたら、お巡りさんが敬礼しました。

この国の文化なのでしょうか。

そして、駐車場では男女の口論。

女性が男性に「家を出て20分もたってないのに、お母さんに6回も電話して!」と怒っていました。

このカップルが、サンマリノ人かイタリア人かは不明でしたが、国を問わずこの辺りの男たちはほぼ全員がマザコン。

ちなみに、イタリアではマザコンの男を「マンモーネ」といいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です