三崎のまぐろ丼と観光船

三崎のまぐろ丼と観光船

【2019年12月】三浦半島の突先にある城ケ島で、馬の背洞門を楽しんだ後、城ケ島灯台を目指して散歩しました。

日本 神奈川県 三浦市 城ヶ島 馬の背洞門
散歩道から眺めた馬の背洞門

散歩道から見える馬の背洞門も絵になります。

本当に人がいない散歩道で、友達が「サスペンスドラマの舞台になりそう」と言いました。

途中で、友達の一人の姿が見えなくなり、「若い子と間違われて、さらわれたか」と冗談半分で心配したほど。

もちろん、事件は起こりませんでしたが。

城ケ島灯台があるあたりには、家々が並び、村になっています。

灯台下の海岸では、波が大きくはじけていましたが、釣りをする人々の姿も。

日本 神奈川県 三浦市 城ヶ島 城ヶ島灯台 海 富士山
城ヶ島灯台と富士山

ネット情報によると、この灯台は17世紀にここで烽火を上げていたのが起源だそうです。

中には入れないので、灯台の脇をぐるっと周ってバス停の方へ行く途中、食堂がいくつか並んでいました。

予定では、三崎港付近のレストランへ行くつもりでしたが、この時点で十分、お腹が空いていたので、声をかけられるままにその一軒に入りました。

私たちが持っている「みさきまぐろきっぷ」には食事券「まぐろまんぷく券」も付いています。

日本 神奈川県 三浦市 城ヶ島 レストラン まぐろ丼
美味しかったマグロ丼

たくさんあるメニューの中で、この券が使えるメニューは限られていましたが、せっかくなので、券が使える「まぐろ丼」を皆で食べました

お味噌汁や突き出し、さらに平日ということでデザートも付きました。

どんぶりは大きくなかったのですが、まぐろが山盛り。

これだけで、お腹は満足。

本当に「みさきまぐろきっぷ」はお得です。

ランチの後は、バスで本土に戻り、三崎港へ

日本 神奈川県 三浦市 三崎港 観光船 にじいろさかな号
観光船「にじいろさかな号」

今度は「みさきまぐろきっぷ」に付いているレジャー券「三浦・三崎おもひで券」を使います。

温泉の日帰り入浴とか、レンタサイクルとかチョイスはいろいろあるのですが、私たちは三崎港から出ている「にじいろさかな号」という観光船に乗ることにしました。

半潜水式の水中観光船といううたい文句でしたが、残念、この日は風が強すぎて、水中観光はできず、単に港をぐるっと巡る観光船でした。

全く予想してなかったのですが、この船旅のハイライトはカモメ。

航行中、船の周りを無数のカモメが囲み、キーキーとうるさく、船内案内は何一つ聞こえません。

日本 神奈川県 三浦市 三崎港 観光船 カモメの群れ 海
船の周りを飛び続けるカモメの群れ

餌を売っているらしく、人々が投げるのでカモメの群れは船から離れないのです。

前にも言いましたが、私は鳥が苦手です。

船の甲板に入りかけるカモメもいたりして、私はカモメ以上の大声でぎゃあぎゃあと騒いで怖がっていました。

じっと見ていた夫によると、一羽が船の柱にガンとぶつかり、しばらくは飛んでいましたが、力尽きて海に落ちたそうです。

鳥は嫌いですが、そんな話を聞くと、しんみり気の毒に思いました。

日本 神奈川県 三浦市 三崎港 市場 まぐろ
市場のまぐろ

恐怖の船旅の後は、港にある市場に入りました。

三崎はまぐろの名所ですが、ここで獲れるわけではなく、世界各地で獲れたのを集約しているところです。

商品には、マルタ産、アイルランド沖、ニューヨーク沖など、獲れたところが明記されていました。

友達がマルタ産のお刺身を買ったほか、私は珍しいので「まぐろハム」(700円)を買ってみました。

夕食時に家族で食べましたが、美味しかったですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です