中華街

中華街

【2014年5月】イタリアミラノの中華街を初めて歩きました。

中華街と言っても、ロンドンのように華々しい門などがあるわけではなく、単にあたり一面、中国系の店が並んでいて歩く人の大半が中国人だというだけでした。

イタリアでの中華街の出来方なのですが、聞くところによると、中国人は、①コレと狙いを定めた通りの、まず両端の家を、市場価格より高い値段で買い取る②通りの中の家を少しずつ買い進める③すると、だんだんその通りの不動産価格が値下がり、ますます買いやすくなる④地元の人はいづらくなり、出て行く。

あるいは、嫌がらせが始まり、出ざるを得なくなる――こうして中華街が出来るのだそうです。

かなり強引ですよね。

イタリア人に聞いた話なので、他国の中華街については分かりません。

イタリアに住む中国人は、あまり現地の人と交わらないようです。

私がイタリア人数人と一緒に歩いていたら、店の前に立っている中国人達から、じ~~っと見られました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です