久しぶりにクレモナ

久しぶりにクレモナ

【2018年1月】天気の良い週末、ぽっかり時間が空いたので、イタリアのミラノからクレモナに遠足しました。

クレモナは7年ぶりです。

クレモナと言えば、歴史的なヴァイオリン製作者、ストラディヴァリの生誕地

今もヴァイオリン製作所が軒を連ねています。

町に入るとすぐに、バイオリンを弾いているのではなく、バイオリンを見て考え込んでいる人の像が道端にあったし、店先のデコレーションもヴァイオリン。

けれど、それだけでなく、絵になる立派な大聖堂もあります。

7年前に行った時には、この大聖堂の鐘楼、Il Torrazzo di Cremona に上って景色を見渡したのを憶えています。

あの時と同様、この日も青空が広がる中、大聖堂がくっきり見えましたが、今回は502段を上る元気はなく、その斜め向かいにあるレストランへ直行しました。

ちなみに、この鐘楼の外壁にある日時計は、世界でも有数の大きさなのだそうです。

私達が行ったレストランは、その名も”Il Violinoヴァイオリン)”で、ここも二度目です。

前回来たときには、平日の昼間だったせいか、客は我々だけだったのですが、今回は満員。

予約は必須のようです。

歴史のありそうな素敵な内装の中、きちっとしたウエイター達がきびきびと働いていて、良い感じですが、ちょっと気取っています。

今回は来ていたお客さんの中に、ちょっとドレスアップした人たちが多かったためか、セーターとジーンズの私達はちょっと気が引けました。

席に着くと、プロセッコとカナッペ、リコッタチーズが入ったシューが突き出しとして出されました。

私達はハムの盛り合わせ(二種類のハムとフルーツ。特に色が薄めのハムが美味しかったです)を前菜としてシェアした後、メインにはシャトーブリアン(と、フランス語で書いてあるところもポッシュ)。

お肉は平たく言えば、「牛のたたき」といったところでしょうか。

焼いた野菜と一緒に出てきました。

私はデザートにザバイオーネ

メニューにはザバイオーネは「二人から」と書いてありましたが、夫が一言言ったら、一人でもOKとのこと。

言ってみるものですね。

かなり、こってりしていて、味もアルコール度も濃くてとても美味しかったです。

お値段は二人で、ワイン一本も含め、約€14018500円ほどと安くはありませんでしたけど。

この日は、大聖堂前の広場で、蚤の市が開かれていました。

荷物になるコートなどに良いものがありましたが、お買い物は絹のスカーフ一枚にとどめておきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です