列車でセント・アイヴスへ

列車でセント・アイヴスへ
イングランド ロンドン パディントン駅 プラットフォーム 列車 時計 人々
パディントン駅で乗った列車

【2019年8月】朝4時半に起きて、ロンドンのパディントン駅から列車で、英国南西端コーンウォール州にあるセント・アイヴスへ行きました。

約5時間半の道のりです。

朝が早かったので、乗ったとたんにぐっすり眠り込んだのですが、気づいたら、空気がものすごく暑くなっていました。

何と、8月のこの時期に、列車に暖房は入っていたのです。

英国の夏が比較的、涼しいとはいえ、これは耐えられません。

幸い、他の車両は正常で、席も余っていたため、移れましたが。

イングランド コーンウォール州 セント・アース駅 プラットフォーム 列車 人々
乗換駅のセント・アースにはたくさんの人が

「全く、英国の鉄道は・・・」と怒ったのでしたが、後で気づいたら、車両は東芝製でした。

セント・アイヴスへ直行かと思っていたら、途中のセント・アースで乗り換え

この時点で、ロンドンからの列車はガラガラだったのに、この乗換駅には、どこから湧いたのか、人がわんさかいました。

20分待ちで、乗った列車は満員。

そこからセント・アイヴスまでは、ほんの10分の道のりでした。

セント・アイヴス駅で降りたすぐのところからの景色がすでに、素敵です。

薄い緑色の海に日が差すと深いエメラルドグリーンに。

イングランド コーンウォール州 セント・アイヴス 家 屋根 黄色 灯台 海
家々の屋根には黄色い苔が

湾になっていて、ほぼ真下にビーチが広がっています。

その対岸に小型船がたくさん停泊していて、その向こうに町が見えます。

家々の屋根に黄色い苔(地衣類というのかな?)が付いていて良い雰囲気を作り出しています。

駅のある高台から下って、町の中心へ。

Fore Street という歩行者天国が目抜き通りで、ここまで来ると人でごった返していました

私はセント・アイヴスには過去にも2度ほど来たことがあったのですが、夏のこの季節は初めてで、人の多さに仰天しました。

この通り沿いには、覗いてみたいこじゃれた小売店が建ち並んでいて、わくわくします。

空腹だったので、カフェに入り、ちょっと待ってテーブルに。

この辺りでは「コーニッシュ・パスティ」が盛んです。

これは肉や芋などの具の入ったペーストリーで、かなり重いので、ここでは普通のサンドイッチにしておきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です