祈り方 (台北 - 台湾)

祈り方

【2015年5月】台北を再訪しました。

今回は家族の誕生日を祝っての小旅行です。

着いたその足でガイド付きの観光へ。

最初は前にも行った龍山寺です。

前回同様、雨の中、お祭りでもないのに大勢の人

ガイドの康さんに参拝の手順を教わりました。

まずお供え物を台に置き、お線香を買います。

これに火を灯して観音様と道教の神様(元始天王だったかな)に祈りを捧げます。

面白いことに、その際、自分の氏名・住所・生年月日を告げなければならないそうです。

そしてお線香を香炉台にさします。

これがワンセット。

観音様の後ろ側には健康、学業、企業発展、自営業、海、縁結びなど専門分野に特化した神様が祭ってあります。

台湾の人の祈りは非常に現実的、具体的で、例えば試験合格を祈る場合、学業の神に、受験票のコピーを捧げるのだそうです。

入口付近には耳の形、唇の形をした木片があり、それは神様との会話のメディアだとのこと。

二つ一組を写真のように手に持って、迷っていることの答を求めます。

そして木片を床に落とします。

落ちた木片の裏表で、神様の「yes」「no」または「質問の意味不明」との声が聞けるという仕組みだそうです。

しばらくしたら、信者の人々がそろって歌い始めました

耳に心地よいシンプルなメロディーでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事