夏河へ

夏河へ

【1996年8月】中国の蘭州のバスステーションで、チベット系民族の人達が住む夏河へのバスを探しました。

すぐに見つかり、問題なく乗れたのは良いのですが、とんでもないオンボロバスです。

大きい荷物はバスの屋根の上に括り付けました。

中国 蘭州から夏河 バス
こんなバスで8時間半

長距離バスかと思っていたら、普通のローカルバスで、あちこちで人を拾ったり降ろしたりするミニバスと全く同じ。

そんな風にゆっくり進むので、260キロほどの道のりに8時間半(ランチ込み)もかかりました。

ランチ休憩のあった途中の臨夏という町までは、乾いた景色が続きます。

蘭州付近では真っ青な空だったのに、だんだん土埃のせいで空もベージュがかって見えてきました。

辺りの農家も土壁で、ベージュです。

臨夏で多くの人が降りました。

ランチにはきし麺以上に太い麺と肉の入った辛いスープと、黄色っぽくて平たいパンのようなものを食べ、一人5元(当時、1元=約13円)。

中国 蘭州から夏河 干す ガーリック
道中で

ここを過ぎると、景色に緑が増え、英国のウェールズを思い出す光景になりました。

夏河に着いたのは、午後4時頃。

バス停に一番近い友誼賓館に一泊100元で落ち着きました。

この宿、なぜか階段に富士山の写真が掲げてあります。

部屋はベーシックで、大きなパイプがむき出しで出ていて、きれいとは言い難かったですが、陽朔で泊まった宿程度の快適さでした。

とりあえず、付近を散歩します。

強烈な土埃が舞い上がる中、それに同化してしまったような人々が歩いています。

中国 夏河 女性 赤ちゃん 負ぶう 帽子 三つ編み 民族衣装
赤ちゃんを負ぶったチベット民族の女性

女性はつばの広い帽子を被り、三つ編みのお下げを垂らし、長い黒っぽいスカートにカラフルな縁取りのある上着を着ていて、写真で見る南米の人々に似ています。

チベットの僧の格好をした人もけっこういましたが、「特別」な存在ではなく、普通の市民として一般と気安く付き合っている様子。

それから、いかにも強靭そうな外国人バックパッカー達も見かけました。

少し話した米国人カップルは、資金調達のために、時々、英語を教えながら旅を続けているそうで、一人10元のドミトリーに停まっているという話でした。

その他見かけた旅行者も、地元で買ったらしい似合わない服を着るなど、やや奇妙な格好をしていて、やわな私達と異なるタフな雰囲気を醸し出していました。

ところで、この夏河、標高が3000メートル近くあります。

私はここで初めて、高山病かもしれない症状に陥りました。

食堂の一つに入り、ムスリムのお茶とりんごケーキを注文したのですが、この時、食欲も元気もすっかりなくなり、いつもだったらわくわくするような異国情緒にうんざりして、逃げ出したい気分に陥ったのです。

中国 夏河 チベット仏教 僧
風景に馴染んだチベット仏教の僧

こんなことは初めて。

それで、ここに数日いるつもりでしたが、二泊だけで戻ることに決めました。

8月だというのにとても寒く、部屋の中でも陽朔で買った絹の上着を着こんで過ごしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です