宮古島へ

宮古島へ

【2019年4月】イースター休暇を利用した日本への一時帰国、今回は、沖縄県の宮古島へ足を延ばしました

足と言えば、数か月前のリスボンの時のように、またも夫が足を怪我したので、そろりそろりとした旅行です。

日本 宮古島 東急ホテル&リゾーツ 客室
東急ホテル&リゾーツの私達の部屋

羽田での係員の説明がいまいち分かりにくく、多少、戸惑ったことを除けば、那覇で飛行機を乗り換え、順調に宮古島に到着。

事前にアレンジしておいたので、ちゃんとホテルの人が迎えに来てくれていました。

二年前に石垣島に行った際には、石垣市街のホテルに泊まったのですが、今回は人里離れた東急ホテル&リゾーツというリゾートホテルです

空港からホテルまでは15分ぐらいだったでしょうか。

プールの周りを客室が囲むいかにもそれらしいリゾートホテルです。

日本 宮古島 東急ホテル&リゾーツ 貸しスマートフォン
貸しスマートフォン

客室は二棟あって、私達は新しめのコーラルウィングに部屋を取りました。

たまたまだと思いますが、廊下の一番奥の部屋で落ち着いた上、部屋の広さも十分。

日本 宮古島 東急ホテル&リゾーツ 改装工事
ホテルの工事

フリー・スマートフォンの備品もあって至れり尽くせりです。

南国の雰囲気のせいか、以前、ベトナムのダナンで泊まったホテルを思い出しました。

ただ、改修工事の最中で、一部足場が組まれていたり、立ち入り禁止になっていたりしたのが玉にきず。

着いたのがすでに、午後5時近かったので、この日はゆっくりとホテルの敷地内で過ごしました。

夕食は、ホテルに六つあるレストランの中の一つ、シーサイド・ガーデンというバーベキューハウスにて

日本 宮古島 東急ホテル&リゾーツ バーベキュー 夕陽
夕陽の中で食べたバーベキュー

レセプションの人が「早い時間から埋まるので、予約した方が無難」とアドバイスをくれました。

そうでした、日本では夕食が早いのでした。

たっぷりボリュームのあるセットを食べ、ワインを飲み、サンセットもどき(雲で太陽が隠れてしまいました)を見て、ようやく、心底、リラックス。

「ようやく」というのは、夫の足の問題で、日本に着き早々、医者に行ったり靴を買ったりとあたふたしたからです。

日本 宮古島 東急ホテル&リゾーツ バー 飾り
バーの飾り

日本の医師は、英国の医師たち(4人)が見つけられなかった骨折をすぐさま発見してくれたのでした。

空恐ろしい英国医療・・・。

このレストランにはデザートがなかったので、食後、ムーンシェルというバーへ移動し、紅芋のアイスクリームを食べ、さっそく、泡盛を呑みました。

地元の泡盛で、度数は30%。

泡盛というのは、通常、25~35%なのだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です