朝倉彫塑館

朝倉彫塑館

【2015年1月】友達が、東京の谷中にある朝倉彫塑館に連れて行ってくれました。

落ち着いた町並みの中にある博物館で、4年の歳月をかけて改装し、割と最近オープンしたとのこと。

彫刻家の朝倉文夫がアトリエ兼住居とした家で、展示してある彼の作品も興味深いですが、大きな池がある中庭が良い感じです。

そして驚いたのは、もらったパンフレットによると、彼は24歳のときにここにアトリエを構えたとのこと。

当初は小さい家で徐々に、自分の好みに合うよう増改築を重ねたとありますが、24歳で家を買えるというのは、大分県にあるという実家が相当の資産家だったのでしょうね。

館内は写真撮影禁止でしたが、屋上ではOKだったので、上から中庭の写真や景色の写真を撮りました。

館内は人がまばらでした。

年初の平日だから当然だと思いましたが、友達は驚いていて、「最近は平日でも、どこでも人が多いのよ。

団塊の世代が定年を迎えたから」。

なるほど・・・。

良い博物館でしたが、難点は靴を脱がなくてはならないこと。

スリッパの提供がないので、真冬のこの日、足が冷え切って辛かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です