残念なロードス島の海と、素晴らしい夕食

残念なロードス島の海と、素晴らしい夕食

【2019年9月】ギリシャのロードス島に来たからには、一度は美しい海に入りたいと思い、その日の午後はアファンドウというビーチに行くことにしました。

ビーチはいろいろあるのですが、半日だけという時間を考えて、ロードス・タウンから割と近いところと思ってここにしたのです。

ギリシャ ロードス島 アファンドウ ビーチ パラソル 人々 海
閑散としたビーチ

バスで行けるようなので、時間割をチェックしたら、お昼時は本数が少なく、不便だったので、タクシーに乗りました。

ところが、このアファンドウというビーチは大洋に面しただだっぴろい所で、このタクシーの運転手が降ろしてくれたところには、たった一軒の海の家風の軽食屋と20個ぐらいのパラソルが並んでいるだけ。

私達はもっとリゾート風の設備のあるビーチを想定していたのですが。

ビーチタオルは現地調達するつもりで持参していませんでした。

ギリシャ ロードス島 アファンドウ ビーチ 海 人々
海に入っている人もいましたが。

ここでは、タオルの貸出も販売もしておらず、これでは海には入れません。

その上、夫がちょっとだけ足を水につけたところ、飛び上がるほど冷たかったとか。

泳いでいる人もいましたが。

日向ぼっこには気持ち良い気温だったので、デッキチェアを借りてしばしうたた寝しただけで終わりました。

そして、その軽食店でチキンナゲットなどつまらない物を食べたのですが、ここの人の対応がかなりぶっきら棒。

でもしばらくすると、態度が変わって親切になり、帰りのタクシーを呼んでくれたりしました。

どうも想像するところ、最近の観光客の態度が悪く、観光客にはまず、すげない態度をとるようになったのではないかと思います。

ギリシャ ロードス島 ロードス・タウンの旧市街 レストラン Hosteria dei Cavarieri 店内 テーブル
広々とした店内

というわけで、海にはガッカリしたのでしたが、その晩には素晴らしい夕食を食べて、埋め合わせができました。

ロードス・タウンの旧市街内にあるイタリア料理店、Hosteria dei Cavarieri に予約して行きました。

入った1階は、こじんまりした可愛らしい空間でしたが、案内されて行った2階は、もともとは立派な家屋だったことをうかがわせるところで、広々。

ここでは、まず、プロセッコを食前に飲み、前菜には、メカジキのカルパッチョとタコを食べました。

特に、このカルパッチョが逸品

ギリシャ ロードス島 ロードス・タウンの旧市街 レストラン Hosteria dei Cavarieri タコの前菜
タコの前菜

私はメインにイカを選んだのですが、甘味のあるソースも含め、とても美味しかったです。

夫は珍しく、揚げ物のセット。

ワインはピノグリージョをボトルで1本飲み、デザートにはチョコのプリン、夫はティラミスを食べました。

どれも、文句なく美味しく、€99.50(12000円あまり)というお勘定はとてもリーズナブルに感じました。

ちなみに、2階担当のウエイターは、アテネ出身のギリシャ人でしたが、階下を仕切っていた女性は、イタリアのモンツァ生まれでミラノ近郊育ちの人でした。

ギリシャに来てまで、イタリア料理というのは邪道だと思われそうでしたが、素材が高品質の土地柄でイタリアンを作ると、本当に美味しいものができるようです。

和食もちゃんと作れば、ここでもとても美味しいだろうと思います。

旧市街の夜は、ホリデー気分たけなわ。

ギリシャ ロードス島 ロードス・タウンの旧市街 バー スプリッツ
巨大なスプリッツ

たくさんの観光客がたむろしています。

この日は、この夕食で大満足だったため、どこにも入りませんでしたが、前夜、ちょっとしたバーに入ってスプリッツを飲みました。

ここのスプリッツは要注意です。

「大きいの?小さいの?」と聞かれ、大きいのを選んだ夫に、何と、金魚鉢に入ったスプリッツが出されたのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です