無法者の宿

無法者の宿

【2014年4月】ルーマニアヴルチャ県での修道院巡りの後はランチです。

この辺りで一番大きい町、ルムニク・ヴルチャにある Hanul Haiducilor というレストランへ行きました。

友達が、ここに住む彼らの友人に尋ねて推薦してもらった店です。

この店の名は「無法者の宿」というような意味。

それにしてはとても可愛らしく、ルーマニアの伝統工芸刺繍などで満たされていました。

ここでは、七面鳥入りのチョルバスープと肉料理の盛り合わせを食べました。

このチョルバ(コレです)、名前を忘れてしまったのが残念ですが、パーティーなどで暴飲暴食した翌日に飲むスープなんだそうです。

毎日食べすぎだった私にはぴったりの、あっさり目の味でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です