絶景

絶景

【2015年8月】ドイツのザクセン・スイスで見たかったのは、この写真の景色です。

ここはバスタイというところです。

切り立った岩山がぼこぼこある景色は、昔々に行った中国の石林を思い出させました。

この岩山、高いところでは305メートルあるそうです。

バスタイというのは要塞という意味だそうで、16世紀ごろには要塞のようなものがあったらしいです。

でもここは観光地として18世紀末から人を引きつけたところ。

素晴らしいエルベ川の景色を見下ろすもよし、奇岩を鑑賞するもよし、本当に見飽きませんでした。

ロッククライミングの名所でもあるようでした。

中心となるバスタイ橋は、1824年にまず木製のものができ、その後、1851年に現在の砂岩の橋になったそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です