羊飼いの男の服

羊飼いの男の服

【2005年秋】アルメニアの山中のゲストハウスで寒い一夜を過ごした翌日、「アルメニアのストーンヘンジ」と呼ばれるカラフンジュ別名ゾラツカレル)へ行きました。

ここに、牛や羊を連れた絵に描いたような羊飼いの男が二人。

よく見ると、一人は青いジャケットに赤茶のコートとなかなかおしゃれな出で立ちです。

顔つきもなかなか渋い。

埃を掃って、シャンゼリゼにでも立たせたら、ちょっとしたパリジャンに見えるんじゃないかな、などと考えながら、写真を撮りました。

そちらに気をとられて、ここの説明をよく憶えてないので、ちょっと調べてみたら、石の数は220余り

一番大きいものは高さが2.8メートル、重さが10トンほどあるそうです。

丸い穴のある石もあり、天文台だったと言われるほか、共同墓地だったとも。

観光地として開発する計画があるようですが、私が行ったときには、荒涼とした草原でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です