聖ガウデンツィオ聖堂

聖ガウデンツィオ聖堂

【2015年9月】イタリアピエモンテノヴァ―ラは遠くからでもすぐわかります。

というのも、聖ガウデンツィオ聖堂キューポラが空高くそびえているからです。

きっとここが町の中心なのだろうと思って行ってみたのですが、案外、閑散としていました。

この教会そのものは16-17世紀に建てられたそうですが、目印になるキューポラは19世紀後半のもの。

トリノのモーレ・アントネリアーナと同じ建築家、アレッサンドロ・アントネッリの作品で、121メートルあるそうです。

時間によっては、この塔に上れるらしかったですが、私が行ったときには閉まっていました。

ガウデンツィオというのは、ノヴァ―ラの最初の司教の名前だそうです。

見学者にありがたいことに、あちこちに写真とともに見どころの説明がありました。

ちなみに、ノヴァ―ラの人々の宗教心のよりどころはここではなく、町の中心の大聖堂の方らしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です