評判の良いレストラン

評判の良いレストラン

【2016年8月】ポーランドのグダニスク、最初の晩はネットで調べて評判が良かった Gdanski Bowke という川沿いのレストランに行きました。最初に通された席がトイレの近くで、母が「嫌だわ」と駄々をこねたので、窓際のより良い席に移してもらえました。駄々はこねてみるものです。前菜はザリガニと鳥の肝の料理を分けました。ザリガニは身は小さかったけれど、真っ赤な色で見栄えがしました。肝は、分けたくないほど、とても美味しかったです。メインは猪肉の燻製にクランベリーかなと思われる甘目のソース。大満足でした。母と夫はバルト海の野生の鮭。ポーランド、グダニスク-Gdanski Bowke レストラン、鮭 2016年8月ふだんスーパーで買う鮭より脂っぼくなくて、さっぱりしていました。デザートもシェアした後、薦められたゴールドヴァッサー(金の水)ポーランド、グダニスク-Gdanski Bowke レストラン、金の水 2016年8月という金箔入りの蒸留酒を飲んでみました。アニス系の味でした。調べてみたら、16世紀からの歴史を持つ薬用酒なのだそうです。そうそう、ここのビールが特製で、近くの家族経営の醸造所で作ったものだとか。

ポーランド、グダニスク-Gdanski Bowke レストラン、ビヤマグ 2016年8月地元でもらった案内書によると、この店の名前の Bowske というのは第二次大戦前、波止場付近の商人から仕事を貰っていた日雇い労働者のことで、日当を即、居酒屋で使い果たしていたような連中のことだそうです。当時のグダニスクには欠かせない人々だったとのこと。この店の内装ポーランド、グダニスク-Gdanski Bowke レストラン、帆船 2016年8月はその当時の港の居酒屋の雰囲気を演出しているそうです。もっとも、店ができたのは2012年と比較的新しく、その前はここは本屋だったとのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事