超モダンな博物館

超モダンな博物館

【2016年1月】この写真は、リオデジャネイロ新しい科学博物館明日の博物館」です。

マウアー広場という所にあり、私達が行った日の約20日前に一般公開されたばかり。

スペイン人の建築家、サンティアゴ・カラトラバさんがパイナップルをイメージしてデザインしたものだとか。

長蛇の列に気おされて、私達は中には入りませんでしたが、外観はとにかく奇抜です。

炎天下の中の広大な広場の散歩には辛いモノがありましたが、この博物館をぐるっと一周してみました。

新しいうちはいいけれど、ちゃんとメンテができるのかしらーーと老婆心ながら心配です。

というのもリオに来てから、変わった建物をいくつか見ましたけど、大聖堂や現代美術館など修復が必要なものが多かったからです。

この広場には2013年に建てられたリオ美術館もあります

暑かったので、ここの喫茶室で冷たくて甘いマテ茶を飲みました。

アルゼンチン体験したものとは全く別物です。

隣にはおしゃれなショップも。

ミュージアムショップの習わしで、物もお値段も気取っていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です