鐘楼に上る

鐘楼に上る

【2015年10月】ヴェネツィアでの宿がサン・マルコ広場に近かったので、荷物を置いて、鐘楼に上ることにしました

98・6メートルもある塔ですが、ちゃんとエレベーターがあるので、高齢者も大丈夫。

何しろ、かんかん照りの良い天気で、景色は期待以上のすばらしさでした。

この鐘楼、オリジナルは9世紀ですが、今の形になったのは16世紀初めのこと。

何度も火災や落雷地震などの災害にあって修復されたらしいです。

現在立っているものは、1912年に建てられたといいます。

その10年前のある日、塔に亀裂が入り、崩れ落ちたのを建て替えたものだそうです。

幸い、崩れたときには誰も死傷しなかったとのこと。

ただ、管理人の猫だけが死亡したそうです。

この塔を真似て、世界のあちこちに似た塔が建てられたとのこと。

その一つがスロヴェニアのピランにあり、17世紀初めに建てられたそうです。

行ったときには気づきませんでしたが、確かに似てます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です