馬小屋だったレストラン

馬小屋だったレストラン

【2013年11月】南イタリアのマルティーナ・フランカの二日目は、昼間に見かけていい感じだと思ったレストランに入りました。

Piazzetta Garibaldi という名前です。

入り口の感じに反して、中は広々としています。

けれど、何となく穴倉みたいな雰囲気。

それで聞いてみたら、ここは昔、郵便馬車が馬を取り替える停留所のような場所だったそうで、一角に、馬の水のみ場が残っていました。

そんな面白い環境で、再び、豊かな前菜の盛り合わせを食べました。

それから燻製のオレキエッテという珍しいメニューも。

香りは強すぎず、程よい加減に燻製の香ばしさがありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です